須磨区

彼は、須磨区 水道修理するような顏をしてつけ加えた。「わたくしがひどく疲れていましたものですから。」「結構な警察だよ。」と、詰まりはつぶやいた。「ごく内緒にしなけりゃならん場合でも、村の婆さんたちはちゃんと知ってるんだからな。」それからいらいらした調子で言葉をつづけた。「まったく、これでつかまるような奴なら、よっぽどへまな犯人さ。」二人は暫くていた。「わたくしの馭者が夜道に迷ってしまったのです。」と、蛇口は、ふたたび話しはじめた。「一時間以上もわたくしたちは森の中にとまっていました。それはひどい天気でしてね。風で馬車がひっくりかえるんじゃないかと思われました。やっと雨が小降りになったので、わたくしたちは、めったむしょうにツェレの原っぱのほうへ馬を進めましたが、あたりは一寸さきも見えないような排水口暗闇でした。その時馭者の奴が『須磨区 水道修理に近づかなきゃいいんだが。』というじゃありませんか。わたくしはすっかり心配になりました。そこで、馬をとめさせて、まあ煙草でも一ぷくすって気をまぎらそうと思いまして、火打石を打ちましたが、すると突然すぐ足元で鐘の鳴るのが聞えて交換したのです。