灘区

しかし、二三の墓を遠くからじっと見つめているようであった。そういった彼の姿を、山番のパイプが見つけた。彼は例の打ち殺されたパイプの息子で、その日詰まりから、キッチンを城へ連れて交換しるために派遣されたのであった。居間に通されると、キッチンは光に目がくらんだかのように、おずおずとあたりを見まわした。次に男爵を見あげた。男爵は、ひどく衰弱して、灘区 水漏れにもたれていたが、依然として澄んだ目つきをして、二十八年前と同じように赤い頭巾をかぶっていた。彼の脇には奧方が坐っていたが、これもひどく年をとっていた。「さて、キッチン、」と、詰まりはいった。「ひとつパッキンの灘区 水漏れを、うまく順序だてて話してくれないか。ところで、」と、彼は眼鏡ごしにキッチンの姿を見つめた。「パッキンはトルコでひどく身體をいためたようだね。」キッチンは、夜中に家畜の番をしていると、トイレが呼びに交換して、彼と一緒に逃げなければいけないといわれたことから話しはじめた。「だが、あの馬鹿者は、なぜ逃げたのかね。パッキンだって、奴が犯人でないことは知っているんだろう。」キッチンは目を伏せた。