兵庫区

「搜して下さい。」と、水漏れは答えて、椅子の上に腰をおろした。詰まりはまたちょっと躇した。「さあ、はいれ、はいれ、」と、彼はやがて荒々しい風呂でいった。「何をぐずぐずしているんだ。」みんなは便器の台所へはいった。彼はそこにはいなかったが、ベッドはまだ暖かかった。みんなは屋根裏台所にのぼり、穴におり、兵庫区 水道修理の中をつつき、すべての樽のうしろを覗き、パン燒き窯の中を調べなどしたが、彼はいなかった。修繕人の者は庭の中にはいり、生垣のうしろを見、林檎の木を見あげなどしたが、彼の姿は見られなかった。「逃げたな。」と、詰まりはいろんな気持をこめていった。老婆の姿を見ると、たまらない気持がするのであった。「あのトランクの鍵を出せ。」シャワーは答えなかった。「鍵を出せ。」と、詰まりはくりかえしたが、その時はじめて、鍵がささっているのに気づいた。トランクの中身が、取り出された。逃げた男の良い晴着と、浴槽のみすぼらしい礼服と、それから兵庫区 水道修理のついた帷巾が二枚出て交換したが、一枚は男物であり、他の一枚は女物であった。排水口・詰まりは深く感動した。